フェムケア

デリケートゾーンの不調に睡眠不足が影響する可能性

デリケートゾーンの不調に睡眠不足が影響する可能性

睡眠不足になると、デリケートゾーンに不調を感じるという方は多いのではないでしょうか。

睡眠不足は、抵抗力が落ちたり、デリケートゾーンの粘膜や皮膚の新陳代謝が悪くなるので、不調につながりやすいです。

そこでこの記事では、睡眠不足がデリケートゾーンに影響する可能性について詳しく解説します。


【睡眠不足で抵抗力が落ちることが影響するデリケートゾーンの不調】

 (膣カンジダ)

膣カンジダとは、膣の中に存在するカンジダ菌が増殖し、デリケートゾーンの不調を起こす病気のことです。

ただし、膣カンジダ自体は、健康な状態でも皮膚や口の中、消化管、膣に存在しています。

カンジダ菌が、ストレス・風邪・疲労・免疫力の低下・ホルモンの変化などによって、膣の中で増殖することで発症します。

ある調査によると、女性の約20%が膣カンジダを経験したことがあるそうです。

特に膣カンジダの症状で多いのが、「外陰部のかゆみ」と「おりもの」です。

カンジダ菌は、もともと体内に存在する常在菌なので、膣カンジダは一度発症すると再発しやすい点が特徴として挙げられます。

薬は通販やドラッグストアでも購入できますが、治らない場合は病院へ行きましょう。


【睡眠不足が影響:デリケートゾーンの粘膜や皮膚の新陳代謝が悪くなる】

睡眠不足は、デリケートゾーンの粘膜や皮膚の新陳代謝に大きく影響を及ぼします。

特に、ノンレム睡眠時(深い眠り)のときに、新陳代謝が促進されるので、不調の予防には睡眠が不可欠です。

また、デリケートゾーンの不調を治すときにも、睡眠が必要となります。

粘膜や皮膚の新陳代謝により、かゆみやかぶれの症状が改善されるためです。

そのほか、着用する下着や服装も、デリケートゾーンの不調に影響します。

デリケートゾーンが蒸れたり、過度な刺激を受けたりしないものを選ぶことが大切です。

デリケートゾーンの不調を感じるとき、下着は吸湿性や通気性の良い綿素材を選び、不快に感じるときは変えるようにします。

生理時は、ナプキンをこまめに変えましょう。

服装は、締め付けすぎないゆったりとしたものが理想です。

睡眠時の服装も締め付けすぎない、ゆったりとしたものにしましょう。

服装に気を使うことで、摩擦が減り、通気性も良くなるのでデリケートゾーンの不調の予防や早期改善につながります。


【デリケートゾーンのお手入れにはLUMEVEがおすすめ】

デリケートゾーンの不調を予防するためには、睡眠だけでなく、日常のお手入れも大切です。

ただし、商品によってはあなたに合わず、症状が悪化してしまう場合もあります。

体の中でも特に敏感なデリケートゾーンに使用する商品は、なるべく体に優しい成分が配合されているものを選びましょう。

LUMEVEは天然成分を配合しているため、毎日のお手入れにおすすめです。

かぶれやかゆみのケアだけでなく、においや抑毛、黒ずみにも効果があります。

1本あれば、デリケートゾーンのさまざまな悩みをケアできるため、気になる方はぜひチェックしてみてください。

阅读下一篇

フェミニンゾーンの嫌なニオイはソープで消せる?