フェムケア

液体石鹸より固形石鹸がおすすめな理由

液体石鹸より固形石鹸がおすすめな理由

「洗浄力が高い石鹸はどのタイプ?」「肌にやさしい石鹸が分からない」など、石鹸選びに悩む方は多いのではないでしょうか。

石鹸には、液体や固形、泡タイプなどさまざまな種類があり、タイプによって特徴が異なります。

その中でも固形石鹸は、洗浄力が高く肌への負担が少ないなど、メリットが多くおすすめです。

この記事では、体を洗う石鹸として、液体石鹸より固形石鹸がおすすめな理由を紹介します。

固形石鹸を使うときのポイントについても説明するので、固形石鹸に興味がある方は、ぜひご覧ください。


【液体石鹸より固形石鹸がおすすめな理由】

液体石鹸より固形石鹸がおすすめな理由は、以下の3つです。

・洗浄力が高い

・肌への負担が少ない

・地球にやさしい

詳しく説明します。

(洗浄力が高い)

固形石鹸は、液体石鹸より洗浄力が高いと言われています。

洗浄成分である純石鹸分の割合が、固形石鹸のほうが高いためです。

純石鹸分の割合が増えると石鹸が固まりやすい特徴があるため、液体石鹸には純石鹸分を多く配合できません。

純石鹸分は、一般的な液体石鹸で約30%、固形石鹸は約40~90%含まれています。

そのため、液体石鹸よりも固形石鹸のほうが洗浄力が高く、手頃な価格で購入できるのもメリットといえます。

(肌への負担が少ない)

固形石鹸は肌への負担が少ないのが特徴です。

純石鹸分が多く含まれていて洗浄力が高いため、肌に刺激が強いと思われがちですが、固形石鹸は水と合わさって泡となり、汚れと混ざると洗浄力を失います。

石鹸のアルカリ性と、皮脂や汗などの汚れの弱酸性が中和されるためです。

汚れと中和したあとは、石鹸の洗浄力が抑えられ、洗いすぎや石鹸の成分が肌に残るのを防ぎます。

必要な皮脂を残して汚れを落とし、乾燥やかゆみの防止になるのは、敏感肌の方には大きなメリットです。

(地球にやさしい)

液体石鹸は、一般的にプラスチック容器に入れられているものがほとんどです。

一方、固形石鹸は、箱や台紙など、紙製のもので包装されているのでごみを減らせて地球にやさしい石鹸といえます。

また、固形石鹸は、排水されたあとも環境を汚すことがほとんどありません。

固形石鹸の排水は、下水処理場や河川の微生物によって、二酸化炭素や水、無機塩などに分解され、生態系でリサイクルされるのです。


【固形石鹸を使うときのポイント】

固形石鹸を使うときは、泡立てネットやボディタオルを使用するのがポイントです。

水で濡らした泡立てネットやボディタオルでしっかりと泡立てると、固形石鹸の洗浄効果が充分に発揮されます。

また、肌をこすらず洗うことも大切なポイントです。

肌をこすってしまうと、黒ずみやシミの原因となる可能性があります。

しっかり泡立てたふわふわの泡で、肌に負担をかけないようにやさしく丁寧に洗いましょう。


【肌をやさしく洗うならLUMEVE モイストソープバー】

LUMEVEの「モイストソープバー」は、敏感肌の方も使えるように、肌へのやさしさにこだわって作られた固形石鹸です。

石油系界面活性剤や着色料が使われていない無添加の石鹸で、顔を含む全身とフェミニンゾーンにも使えます。

肌へのやさしさを考えた9つの無添加のほか、多くの美容液成分を配合しているため、肌を健康な状態へと導きます。

また、モイストソープバーの製法は枠練り製法を採用し、機械練り製法よりも肌を優しく洗い上げられるのもメリットの一つです。

肌へのやさしさを重視したいなら、低刺激な成分のLUMEVE「モイストソープバー」をぜひお試しください。

 

다음 보기

LUMEVEのクリーンビューティーへの取り組み